Entries

スポンサーサイト

走れアイン(1)

「アイン様、どうですか?似合いますか?」フレイヤは入手したばかりのローブを身に付け、嬉しそうにくるりと回って見せた。風と空気の抵抗で、深くスリットの入った下半身部―スカート部分がふわっと浮き上がり、彼女の白く柔らかい太股を下着が見えるギリギリのところまで目の前の男に晒していた。「ああ。女魔導士用のローブってどうしてこう―」「はい?」「いや、そんなに露出が多くて防具として成り立つのか?」「はい!凄いで...